HOW TO KITE BORDING

​ビギナーの為のワンポイントアドバイス

基礎知識
必要な道具について
カイトの操作と基本姿勢
カイトの上げ下ろし
リリースとセルフレスキュー
ボディードラッグ
ウオータースタート
ライディング
テクニック集
もっと見る

​カイトボードってどんなスポーツなの?どうすれば上達できるの?そんなビギナーの疑問や悩みをを少しでも解決していただくためのHO WTOコーナーです。

基礎知識

カイトボーディングは2000年ごろからヨーロッパ、ハワイなどを中心に本格的に急速に発展、人気が広まったニューエクストリームスポーツです。
その名の通りパラグライダーのような大きなカイト(凧)を操作し、カイトから得られる揚力を利用してボードで海上を滑るニュースポーツです。
ウインドサーフィンのように風を利用して海の上を自由にスピードに乗って走ったり、ウエイクボードのようなトリックができたり、サーフィンのように大きな波に乗ったり、パラグライダーのように大空を滑空できる、まさにあらゆるボードスポーツをミックスした、3Dエクストリームスポーツです。

WELL COME TO KITE BOARDING WORD

​カイトボードってどんなことができるの?その魅力を動画でチェック!

大空を滑空ビッグエアー
波乗りだってできる!
雪上でも楽しめるスノーカイト!
マウンテンボードでも楽しめるランドカイト!
もっと見る

まずはショップのスクールを受講し、安全に効率よく基礎を学びましょう!

カイトボードは決して難しいスポーツではありませんが、なれるにはそれなりの時間と正しい知識、練習が必要不可欠です。
必ず最寄りの専門ショップにて、経験豊富なインストラクターの指導を受けましょう! 
近年日本でも人口が増えてきており、道具の進化で比較的誰でもチャレンジしやすいスポーツに進化してきました。
ただ道具の使用エリアが広く、なれないうちはカイトを頻繁に落としたり、カイトの強いパワーに引きずられたりする危険性も高いので、最寄りの専門ショップにてスクールを受講して、道具の扱い方や、コンディション(天候、風、海面の状況)についての知識、正しい練習方法をインストラクターから指導を受けなければいけません。
また普段なれないカイト操作を熟知する必要があるので最初はインストラクターに付き添ってもらい8時間ほど陸上でスクール専用のトレーナーカイトでしっかりと時間をかけて操作を学習して十分操作に慣れなくてはいけません。
陸上練習がしっかりできるようになってから、次のステップとして海上での練習をするようになります。
ですので、ウエイクボードやスノーボードのように、1時間だけ受講して、いきなりそれなりに滑れるようになるわけではなく、時間をかけて徐々にステップアップして行くようになるので滑れるようになるには、結構時間と根気は必要になります。
経験豊富なインストラクターは的確な指導であなたをより早く安全に効率よく上達できるようサポートしてくれます。
必ずスクールでレッスンを受けるようにしましょう。
最初のトレーナーカイトでの陸上トレーニングも結構楽しいものですよ!

 

カイトの原動力となる”風と天候”の知識と”安全な練習条件”を確保しよう!

 カイトボードの原動力は”風”です。
練習をするうえで必要な風の条件は、風速5メートル以上の少し強めで安定した風を必要とします。
風が弱いときはカイトを空にあげることができないか、弱くてカイトがすぐ落ちるため、練習が困難になります。
広い場所から吹く安定した風と広くて安全な練習場所が必要です。
風向きも重要で、海から陸に吹く風でないと風速が安定せず安全に楽しむことができません。
海から陸に吹く風(オンショア)や斜めに吹く風(クロスオンショア)は広い場所から吹く風なので風速も一定で安定し、カイト操作も簡単に安全に練習することが可能ですが、陸から海に吹く風(オフショア)や、陸から斜めに海に吹風(クロスオフショア)は建物や地形の影響で風速が安定せず突風となるので、カイト操作が安定せず不意にカイトにオーバーパワーの突風が入って引きずられたり、突然風がやんでカイトが頭上で落ちることがあるので危険で練習に適していません。

 

自然との駆け引きも醍醐味、気象情報を判断する能力

 天候も重要で安定した気象条件が整う必要が有り、雷、強い雨、など大気の状態が不安定だと風も安定せず安全に楽しめません。
気圧配置などの気象情報をもとにその日の天候や大気の状態を判断する必要があり、晴れて大気の状態が良ければ風も安定する傾向があり、練習にも適しています。
初心者には高い波も難易度を高くするハードルになりますし、風が強すぎても(風速10m以上)危険性が増します。
理想的なコンディションは海から陸に斜めに吹く風で、風速5~8メートルで穏やかな海面と安定した天候と風が必要です。
天候を読む知識が重要になりますので慣れないうちはインストラクターにアドバイスしてもらう必要があります。
経験を積み、技量も上がれば風や気象も読めるようになり、自然とその日のコンディションが読めるようになってきます。
風、天候を読み、自然と駆け引きすることもこのスポーツの楽しみの1つでもあります。

また安全に練習するために、広くて人のいない場所で練習しなくてはいけません。
人や建物の近くでの練習は事故の原因になるので危険です。
周りに人や障害物のない、十分な広さを確保して、安全に常に気を配りながら練習に臨まなければいけません。

 

カイトボーディングが他のスポーツより難しく感じる理由とは

基本的にプレーヤーは自然を相手にするスポーツなので練習しやすい天候条件がそろう日を選択しなくてはいけません。
カイトサーフィンの難しさの一つとして、日によって、風が強かったり、弱かったり、海面の波が高く海上で練習しにくかったり、常に一定の条件で練習することがなかなできないことがあげられます。
逆に常に一定の風で、穏やかな波のない海面で、短期間で集中して練習することができれば、早く上達することができますし簡単に感じることができるでしょう。
スキー場のようにレベル別にコースが分かれていて、自分の技量にあったコースを選択できないのが難点で、ビギナーもエキスパートも同じコンディションで練習しないといけないところが、どうしてもこのスポーツを難しく感じさせている要素になってしまっています。
なかなかプレーヤーの都合どおりに風が吹くことは有りませんので、その時のコンディションでできる範囲の練習をインストラクターの指導のもと練習するようになります。
慣れない初心者は天候や風に対する知識が乏しいので、必ずカイトボードを熟知した経験者からその日の天候、コンディションなどアドバイスを受けて広く安全なゲレンデで練習してください。

ルールとマナーを守り安全に努めましょう

カイトボードはラインが長く、他のマリンスポーツなどに比べて第三者に危害を及ぼす可能性と範囲が高いスポーツであることをわきまえ、ルールとマナーを守り、他のスポーツ(ウインドサーフィン、サーフィン)の風下で練習するようにしましょう。
アップウインドが取れない、ビギナーは十分なサポート体制のもとで練習してください。
また怪我に備え、ヘルメットやライジャケットを常に着用し、準備運動をし、体調管理にも気を付けてください。

STAY CONNECTED

  • White Facebook Icon
  • White Tumblr Icon
  • Flickr - White Circle

CONTACT US

POWERZONE

〒760-0013

香川県高松市扇町3丁目7-1

087-833-3306

販売責任者:川本 竜吾

info@powerzonekite.com

 

© 2015 by POWERZONE

  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル

 POWER ZONE 

0