HOW TO KITE BORDING

​ビギナーの為のワンポイントアドバイス

​カイトボードってどんなスポーツなの?どうすれば上達できるの?そんなビギナーの疑問や悩みをを少しでも解決していただくためのHO WTOコーナーです。

海上での練習(ボディードラッグ)

ボディードラッグ

ボディードラッグは海上でカイトを振りカイトから得られる揚力で体だけを海上で滑らせる工程です。
風が弱めの時は左右にカイトを振ってボディードラッグしますが、風が強めの時は片方側だけでボディードラッグをするようになります。
ポイントは斜め45度前後でテンポよく振り続けることです。
極端に上に振ったり下に振りすぎるカイトが走りすぎて引っ張られすぎバランスを崩したりしてしまいます。

風が弱いときは大きくカイトを振ってやらないと体を滑らすのに十分なパワーが得られませんので、しっかり勢いよく大きなストロークでカイトを振って体を滑らせます。

風が強いときはあまり大きくカイトを動かす必要がないのでゆっくり目に45度付近を小さく振って、海上で体を滑らせます。

ポイントはなるべくバーに体をひきつけるようにしてしっかりとバーを体に向かって引き込むようにするとカイトがしっかりと操作でき、安定してパワーが得られます。

また、初心者によくある悪い例として、カイトの振り返しが弱く、カイトが風上まで走って風が抜け、カイトの操作が鈍くなってしまうことです。しっかり風下でカイトを旋回させ続けないと、風が抜けて、カイトが海におちたり、波に体をさらわれてバランスを崩す原因になります。

​しっかりとバーを体にひきつけるようにして左右の操作をメリハリのある操作を心掛けましょう。

海上は踏ん張りがきかず波があるので波に負けないようしっかりとカイトにパワーを入れ波を突っ切りながら勢いよくボディードラッグの練習ができるようになりましょう。